title
 

52円切手の生まれたきっかけについて

 

2014年に消費税増税に合わせて、郵便料金の値上げが行われました。それに伴い、従来発行されていた切手の額にも変動が加わることとなりました。そうして生まれたのが、52円切手です。従来の50円の物の役目をしています。私製はがきに貼る切手料金は、従来は50円でしたが、今では52円です。そのため、従来の50円切手を貼っても、料金が不足することとなります。 そういった場合どうすればよいかというと、2円切手を追加して貼ることで、対応可能です。長らく2円の物は廃止されていましたが、郵便料金改定に伴って、復活することとなりました。つまり、当分は、この2円切手を貼ることで、古い物を持っている場合でも消費することができます。また、このような方法をとらなくても、古いものと差額を郵便局に提出することで。新しい、52円の物と交換することができます。いずれにせよ、従来の物が全く使えないというわけではないので、安心して利用してください。